2005年11月10日

蘭々の病状報告

今日またちょっぴり元気がないので
母からの電話で午後から実家へ蘭々を迎えにいきました。

さんざん悩んだのですが、郡部にMRIとCTを完備した
病院があったのを思い出し、山口大学に連れて行くにも
地元でできることがあればそれも良しと思い来院を決意しました。

迎えにいくと、またもやぐったりしていて。。。。

病院で今までの経過報告と血液検査の結果を見せました。

まずは再度血液検査と腹部のレントゲンをとるとのことでした。

レントゲン??

これだけ結果が見えていてレントゲンが必要なんだなぁ〜。
まいっか。
ってな感じでした。

そしたら、レントゲンの結果、胃が腹水か血液かで
かなりはれていて、腸が圧迫されてしまって所定の位置にすらないとのこと。

原因はわからないけど、腹水か血液かを引き続き調べることに。

結果、血液で、しかも凝固していて、血液検査の結果からも
貧血がひどく輸血の必要があるとのこと。

犬は9個の血液型に別れていて、病院で飼われているラブラドールが
人間で言うO型に値し、蘭々に分けてあげることが可能とのこと。

なんだか他人事のように聞いていました。

とにかく一刻を争うほど輸血が必要とのことでした。

今晩一晩入院して明日の朝再度来院していただけますか?

万一朝まで輸血しても状況が変わらないときは
手立てがありません。。。みたいなことを言われました。

輸血をお願いしました。

このままだと山口大学の予約まで待てるほどの体力ではないとのこと。

なんで今までわかんなかったんだろう。。。。

ここ2、3日でこんな量の出血があったのなら
輸血ぐらいじゃ追いつかないとのこと。

徐々に出血したのであれば、明日輸血で少々回復したら
CT検査をするとのことでした。

もし、よかったら蘭々のこと見守っていてください。

明日帰宅したらまた更新します。

ニックネーム ゆきっぺ at 20:50| Comment(6) | TrackBack(3) | 介護と病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする