2005年11月18日

蘭々の死因

ご心配おかけしました。

先日からポツポツ同じ内容の日記ばかり
書いては消去し、書いては消去し。。。

正直、死因にはふれるまいかとも思いました。

でもこんな辛い思いを飼い主さんにも
そしてワンコにもしてもらいたくないので
やはりお伝えすることにします。



8月からずっと調子がよくなったり悪くなったりの
蘭々でした。

原因は「糸」でした。

11月11日。
輸血で調子がよくなった日の午後。
CTでも原因がわからずじまい。

CTで腫瘍でもないことが明らかになり
あとは、異物を飲み込んでいるか、
何らかの理由で出血があっているとしか考えられないとのこと。
おなかを切ってみないとわからないと。。。

先生は、今のところ輸血で何とか持ち直しているので
手術するなら一刻も早くしたほうが体力的にもいいと
のご判断でした。

夜19時頃から手術でした。
母は待合室で付き添いたいと言いました。
私も熱がありながら病院へ母を連れて行きました。
待合には介護の末にワンコをなくした経験のある
母の親友がかけつけてくれていました。
母には何より心強かったことでしょう。

しばらくゆきっぺもいましたが、
帰りは二人で帰れるというので
実際、悪寒と倦怠感でぐったりだったので
自宅で待機することにしました。
ぱくぱくもおいてきていましたし。。。

10時半ごろ母から電話があり手術の結果。

糸を食べていて、その糸が腸を6ヶ所切っていたと。
胃にたまっていた血液は、毛細血管も切れていたので
それでだろうと。
切れていたところはすべてぬったと。
腹膜も切ったとたん異臭がするほど弱っていたので
重症だと。
あとは蘭々のがんばり次第だと。

「麻酔が覚めるまでもう少し病院にいるね」と
いう言葉を最後に電話を切りました。

熱でもうろうとなりながら、母の帰宅を待ち構え
何度も実家へ電話する。

0時ごろやっとつながった。

異物の誤飲の中で「糸」が一番厄介だそうで
巻きついたり切れたりしてたちが悪いらしい。

蘭々には悪い癖があって、ペットボトルから
ソファー、ボール。。。。何でもかじる。
かじるだけではなく食べてしまう。
母は、見つけるたびにヒヤヒヤしながら取り上げてきた。

よく愚痴っていたし、実際食べているところも
見かけていた。

糸。。。。
うんうん、糸。
糸か。
糸。。。。

考えるけど納得いかない。

母は自分を責める。

でもなんで糸だろう。。。そればかり考える。

横になったものの蘭々が気になって眠れない。
ふと、母はもっと眠れないだろうと考える。

翌朝7時50分頃電話が鳴る。

ドキっとした。取りたくなかった。

やっぱり病院から。。。
「30分くらい前に、前日食べたものをのどに詰まらせまして
取り除いたりしましたが、呼吸停止しました。
心臓マッサージなど蘇生しましたが、残念ですが
たった今息を引き取りました。昨日から随分がんばっていたんですが
ホントにがんばってくれてたんですが。。。」

多分こんな内容だったと思う。

母に電話した。
泣き崩れた。

病院へ向かう車の中で
「昨日手術で取った糸をもらって帰ったけど
何の糸かよくよく調べたら、ゴブラン織りのクッションの糸だった」
「もうちょっと早かったら」
「あの子我慢強かったもんね」
「痛かったやろうね。。。」
ずっと泣く。
何か優しい言葉のひとつでもかけてあげれればいいのに
ゆきっぺは「いつまでもめそめそするな!」
なんて言ってしまって。最悪。

病院で再会した蘭々はキレイな真っ白のバスタオルに
包まれて、薄紫のきれいな箱に入っていました。
観音開きの窓を開けると、ただ眠っているような顔で。

葬儀までの丸一日母はずっと抱き続けた。

葬儀がすんで今日まで、蘭々のことを
口に出すことすら嫌がる母。
心配で電話しても「蘭々の話なら、もうしないで。。。」という。

戦ってるんだなぁ。
がんばって蘭々のいない日常と戦ってるんだなぁと
思いました。
しょうがない、母ひとり蘭々1匹の生活。

たった1歳半で亡くなったからこそ
不注意だったばっかりに死なせてしまったからこそ
悔いが残るんですよね。
もっと早く別の病院に行っていれば。
クッションを食べていることに気がついていれば。
糸がそんなに怖いなんて知っていれば。

今日は、蘭々の死を無駄にしないためにも
ありのままの事実を公開すると決めました。

たくさんの方に知ってもらって、
二度とこんな辛い思いをすることがないように。

母がしゃべりかけると180度、右に左に
クリックリ首をかしげるかわいい子でした。
生後4ヶ月頃から、来客者はゆきっぺ達といえども容赦なく
けたたましく吠え、母だけには決して吠えなかった利口な子でした。
グリニーズとボール遊びが大好きで、
実家に遊びに行くといつもボールをくわえて「投げて」ポーズ。
ぱくぱくにどんなに嫌がられようと近寄ってくっついて。。。。

虹の橋をわたったら、痛みや苦しみから開放されて
また元気に遊べるかな。

蘭々。お母さんのこと見守っていてね。

そして二度とこんな悲しい亡くなりかたをする子が
出ませんように。




↓今日のランキングは違った意味で。
たくさんの方に読んでもらえますように。

よかったら下記を「ぽちっとクリック」お願いします♪


人気blogランキングへ

ニックネーム ゆきっぺ at 16:10| Comment(14) | TrackBack(2) | 介護と病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆきっぺお疲れさん。
糸?糸?糸?糸?なんぼ考えても理解できんかった。
きっとどのわんちゃんも口にしてると思うし。
なぜだ?何か特別な糸だったのか?
いろいろ考えたけど、やっぱり納得いかないよね。
でも蘭々ちゃんは今頃、天国で苦しまずに走り回って
ると思うよ。苦しい手術からも解放されてね。
ほんでゆきっぺ、お母さんありがとうって言ってるよ。まだまだ、がんばれる状態じゃないと思うけど、
ゆっくりいこうよ。お母さんをゆきっぺが支えて
あげてね。
悲しそうな顔をしていたら、ほらっぱくっちが見てる
し・・・蘭々ちゃんが生きてきた証をご家族で見守ってあげてね。
本当に、私もどうしていいか分かりませんが、ご冥福をお祈りします。
Posted by sabu&dai at 2005年11月18日 16:41
そうだったんだぁ・・・糸。パピーもよく色んな物をかじって糸とか綿とかはたぶんけっこう飲み込んでるハズ・・・怖いね。糸が一番怖いなんて知りませんでした。教えてくれてありがとうございます。これからはきをつけるようにします。
Posted by 千恵 at 2005年11月18日 20:34
僕、何も書けないでいました。
だって、悲しいんだもん。。
あんなにがんばっていた蘭々ちゃんなのに。

蘭々ちゃん・・・
お母さんと、ゆきっぺさんと、ぱくぱく君を見守ってあげてね。
僕、何も出来なくてごめんね。。
Posted by マーク at 2005年11月19日 13:05
蘭々ちゃんは糸が原因だったんですか…
糸ですか…
私は動物病院に働いていたことがあるので、誤飲で緊急手術をしていたワンコを何度も見ました。
「えっ!こんなものまで?」と信じられないものを誤飲していたワンコもたくさんいました。
その時は、獣医師と「飼い主の不注意!」なんて怒っていたけど、ソファーとかクッションまで食べてしまうなんて、どうやっても注意できないですよね。
ゆきっぺさんのお母様のことを思うと、何も言葉が出ませんが、蘭々ちゃんはお母様と一緒に暮らしていて幸せだったと思う。
蘭々ちゃんんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by のらのら at 2005年11月19日 13:24
実は、まーくが一週間ほど前に、碁石を飲み込んでしまったのです・・・
次の日から毎朝1回だけ嘔吐してました。
でもそれだけで、食欲もあり、便も快調、いつもとかわらず元気だったので、病院に行くことを延ばし延ばしにしていたんです。
でも、ゆきっぺさんの記事を昨日見て、今日さっそく病院に行ってきました。
レントゲンには、綺麗に碁石が写っていたものの、今のところ、以上はないのでこのままで大丈夫だろうと先生に言われ、一安心しました。
もし、この記事を見ていなければ、病院に行くことも無く、毎日心配ばかりしていたかも・・・。
これから、誤飲には十分気をつけるようにします。
Posted by みっちゃん at 2005年11月19日 21:36
誤飲は怖いと分かっていてもプラスチックとか金属とか大きなものに気がいってしまって糸なんかには気が付きませんよね・・・
お母さん辛いでしょうね。
寂しさと戦って頑張っていることでしょう。
少し落ち着いたら一緒に蘭々ちゃんのお話をたくさんしてあげて下さいね!
人と話すことで段々と楽になれると思います。
かわいかった蘭々ちゃんの思い出を封印してはダメですよ。

今頃は虹の橋を渡って元気に走っているかしら?
Posted by はりねずみ☆ at 2005年11月19日 21:58
蘭々ちゃん、よく頑張ったね。
それにしてもまさか糸、とは・・
輸血してもらって食欲も戻ってと、まさかこんな
結果になるとは想像もつかなかったけれど。

ゆきっぺさんも体調不良の中、お母さんを支えて
本当にお疲れ様でした。
出先で書き込み出来なかったけれど、携帯で読んで
泣けて泣けて・・・

精一杯生きた蘭々ちゃん。
でもお母さんとゆきっぺさんに愛されて守られて、
幸せだったからこそ最後まで頑張れたんだと思う。

ゆきっぺさん、辛いだろうけど、お母さんを支えて
あげてください。
蘭々ちゃんのご冥福をお祈りします。。。


Posted by 光眠 at 2005年11月19日 23:52
蘭々ちゃん、本当に残念でした
ご愁傷様です
誤飲って怖いですね…
レナも何を食べてるかわかりません(^^;)
飼い主が気を付けないといけないんですね
Posted by yuki at 2005年11月20日 00:49
★サブ&大ママ・千恵さま・マークくん・のらのら様・みっちゃん様・はりねずみ☆様・光眠様・yuki様★

ありがとうございます♪

糸はゴブラン織りの糸なのでタコ糸より
少々細いくらいの糸でした。
10センチくらいのものが5、6本と
たまになったような糸が2個。

ですので布製のおもちゃをカジカジしたくらいでは
大丈夫だと思います。
糸がたちが悪いのは、レントゲンやCTではわかりづらいからだと思います。

皆さんのおうちのワンコに少しでも
役立てば幸いです。

ほんとに温かいお言葉ありがとうございます!
Posted by ゆきっぺ at 2005年11月21日 10:39
過去ログを拝見させていただきました。

はじめまして・・

異物はほんとに怖いです。。昔はよくやきとりを串ごとたべて・・なんて事故も多かったよう・・

臨床時代はよく大型犬のテニスボール飲み込み事故などもありましたねぇ・・

糸は意外な盲点で、胃内で絡まって糞と出る場合と真っ直ぐ伸びでしまい腸粘膜の繊毛にひっかかって悪さする場合と様々です。

飲んでしまわないようにすることが大事ですが、
日ごろから消化管の機能を丈夫にする食生活や、噛みぐせがある場合は お気に入りのおもちゃや歯磨きガムなどにくいつく習慣のトレーニングも重要です。

誤飲事故はほんとにつらいです。
Posted by みちさん at 2005年11月21日 11:57
★みちさん★
はじめまして!みちさんのブログ拝見しました。
みちさんのような方とお知り合いになれるのは
心強いですね!!
すごく勉強になりました。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by ゆきっぺ at 2005年11月21日 12:03
どうもですぅ^^

早速のご訪問ありがとうです。

ぜひぜひリンクお願いします。

私も、させていただきますね^^

Posted by みちさん at 2005年11月21日 13:38
訪問が遅れ。。。お悔やみが遅れましたこと申し訳有りません!
それにしても糸が原因だとは!
この内容を読み直ぐに周りを確認しました・・・
時々爪楊枝が落ちてたりするので拾うのですが。。糸までは眼がいかなかったですね・・・
座布団の飾り糸を直ぐに外します!
やはり些細な事でも此方が気を付けてあげないとそれでも・・・今できる事を大事にして上げたいと想いました。。
ご冥福をお祈りします。。
Posted by キャラメル at 2005年11月21日 16:14
ゆきっぺさんご無沙汰です。11月30日午後1時30分モモが亡くなりました。2,3日前から歩くこともままならず食べることもままならず歩けばバタバタと倒れ目尻を切り血を流しても痛みも感じず見ている私達もモモも限界でした。自分を傷つけてもそれもわからなくなってしまったのです。とにかくもう何もわからない状態でした。髄膜腫は進行性のものなので悪くなることは覚悟でしたが上回る状態になり安楽死を選択したのです。最期まで看ると決めていたのに・・今まで本当に頑張ってくれました!頑張らせすぎたのかもしれません。闘病生活7ヶ月、やっと病気から開放されたと納得するしかありません。母に抱かれ眠るように息をひきとりました。安楽死については後悔はしません。あのままだったらより辛かったと思います。時々どこを見ているのかわからない眼差しがもう楽になりたいよ、ゆっくり眠りたいよと訴えているようでした。そう思うようになってから1週間後程の事でした。今は悲しいし辛いしとにかく存在がない事の寂しさと言ったら想像を絶する想いです。母とふたり何か忘れものでもしているかのような気持ちです。12年前に2歳半のやはり柴犬のはなを父親の過失で交通事故で亡くした子がいました。それから間もなく家にきたのがモモでした。はなちゃんを亡くした時も悲しくて悔やまれて辛くて写真もみれず状態でしたが今回、モモの元気な時の写真やビデオを見ているほうが不思議と落ち着き安心するのです。まるで病気のモモは忘れて、元気な時のモモを思い出してと言われているようです。本当に今までありがとうという気持ちでいっぱいです。闘病中よかれと思いやってきたことはモモにとっては嫌な事も多かったと思います。本当にごめんねという気持ちもいっぱいです。モモちゃんは私にたくさん学ばせてくれました。私がこれから歩む人生に贈り物を残していってくれました。感謝の気持ちもいっぱいです。現在のゆきっぺさんには酷な内容かもしれませんがごめんなさい。欄々ちゃんもお母さんやゆきっぺさんに何かを残していってくれたと思います。たくさんの贈り物を・・うちの母親も写真も見れずモモの話もできず状態です。それが心配ですが・・モモの分までぱくぱくちゃんが長生きすることを願っています。とても寒くなりました。くれぐれもお体大事にしてくださいね。まだ気持ちに整理がつかないうちに長々と書いてしまいわかりにくい内容かもしれませんがお許しください。
Posted by みわこ at 2005年12月05日 00:33
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/119186

この記事へのトラックバック

三重県 - オークションワン
Excerpt: 1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
Weblog: 三重県 - オークションワン
Tracked: 2012-01-20 17:33

ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Excerpt: 『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目..
Weblog: ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Tracked: 2012-07-22 23:31